HOME  商品一覧 お客様の声 カニ祭り 会社概要 ブログ

RSS

極上タラバガニ極上ズワイガニ極上カニシャブ甲羅海産物よくある質問年末予約ガイド|買い物かご

送料値上げのお詫びとお知らせ
この度、運送会社の送料値上げに伴い、 当店の送料についても見直しをする運びとなりました。
お客様にはご負担をおかけし大変心苦しく感じておりますが、2019年8月1日より下記の通り
送料を変更いたしましたこと、何卒ご容赦頂きますようお願い申し上げます。


  ■変更前                ■変更後
 
 ・全国一律[クール便]890円      ・全国一律[クール便]1,190
    (北海道・沖縄・離島は 送料+600円)    (北海道・沖縄・離島は 送料+1,100円)

   ※カニ殻などの常温(普通便)の送料に関しましてはカニ殻ページでご確認下さい

北山物語 第二話 -歩き始めた北山水産-

北山物語 第二話
-歩き始めた北山水産-

大正元年のある日。現会長である三井芳治(78)の祖父・三井栄吉は、長く家業であった農業に加えて、新たに水産物を商うことを思いつきました。
この時こそが、現在に続く北山水産が誕生した瞬間でした。

豊かな現代社会と違い、まだ日本中に物が無かった時代のこと。当初の栄吉の仕事は水産加工というにはあまりに慎ましい、日々の生活に根ざした仕事でした。

当然、現在のような会社組織としてではなく、漁がある日は木船が伊勢湾を巡って集めた小魚を天日干しにし、そうでない日は畑仕事に精を出すという半農半漁の生活でした。

当時の漁師町の人々の多くがそうであったように、浜で沖から帰ってくる船を待ち、様々な小魚を浜で天日干しや煮干しにして日々の糧としたのです。
当社の「北山」の屋号は、創業家である三井家の在所が、地域の北方にあった小高い丘の上だったことに由来しています。

水産加工を行う前から、地域で「北山さん」と呼ばれていた三井家は、やがて軌道に乗った海の仕事にも、北山の屋号を冠したのでした。


続く…北山物語 第三話 -賑わいを増す海の商い-

ページトップへ